期間工と寮(門限、設備、住民票、カップル入居)について

2e28a32866fef8def07cffc0a0e39aac_s

寮に入るとまず思い浮かべるのが環境です。人付き合いや自由など頭に思い浮かべる事がいくつもあるでしょう。ここでは作業場の環境に等しく重要な住環境である入寮する寮について述べてみる。➠寮完備の期間工求人を調べる

門限に関してはないというのが現状である。このことに甘んじて夜間遅く外出することは避けるべきであると考える。あくまで防犯を最大限考慮することである。

トイレには旧態依然とした寮の形態が多いため、ウォシュレットのあるトイレはないと思ったほうがよい、新しいマンションタイプの寮であれば、ウォシュレット・トイレが準備されていることがあるが、基本的にはないと考えるべきである。

■現代のでは部屋は個室、トイレや風呂場等は共同というパターンが大部分を占めている。ということは部屋は間違いなく一人部屋となっていて、他人と同室になることはない。

■例え期間工としてカップルで働く場合において、カップルといえどもそれぞれ男子寮、女子寮とに別々に入寮することになる。この場合でもお互い立入禁制が壁となって行き来することはできない。どうしても一緒にという場合は近隣の賃貸住宅を自分たちで探して準備する必要がある。特に女性が期間工の仕事をずっと長く続けることは極めて厳しいことを踏まえて、ここはやはり2年11ケ月の期間を一つのターニングポイントとしてお互いに頑張っていく策がおすすめである。

■たまには同僚を自分の部屋に招いて雑談したりしたい場合、もちろん可能である。このケースはよく見られる現象である。

■寮の風呂場にはタオル、バスタオル、シャンプ、リンス、ボディソープ等は用意されていないため、自分自身で必要なものを予め準備しておくことである。基本的には風呂という場所が提供されるだけである。

■中には高級オーディオ機器類を寮に持ち込みたい場合は、隣との壁、音漏れ具合等を入寮後確認してから持ち込む行動を起こした方がよい。

■工場との距離にもよるが、少し離れた場所に作業場所がある場合は基本的に送迎車が準備されている。ただし、休日に出勤する場合は送迎が行われないことがある。

■よくある質問に住民票はどうすればいいの?という話を耳にするが、実家に住所がある場合は移転しない方がいい。期間工であれば殆どの人が寮に住民票を移転することはない。

■一旦決まった部屋に住んでみたものの、「部屋を移動したい。」という願望が湧き相談したとしても余程の理由がない限り極めて困難であるといえる。

部屋の割当等に関しては運・不運はつきものであるが、寮費は無料もしくは極めて廉価で利用できるため、ここは贅沢な考えは除去し、我慢するところは我慢するほうがいいといえる。